塗装はDIYで自ら住み心地良くする|良いしょっとDIY

家具作りの魅力を知って日曜大工を始めよう

塗装を行う

DIYとは、“Do it yourself”の頭文字をとったもので、「自らの力でやろう」ということです。私たち人間は、自分の手と頭を使い、生活をより豊かで便利に、そして楽しいものにしようとしてきました。 昔から、日曜大工などと言われるように、余った木材や資材などを使い、家具や小物を自分たちの手で作る、ということが行われてきました。それは、節約、や再利用という意味合いが大きかったように思います。しかし、近年では、もともとある木材の家具や小物を自分の好みのカラーに塗装をしたり、誰でも簡単にできるDIYが流行っています。必要なものを自分の手で作る、という概念だけではなく、今あるものを塗装などの簡単な作業で自分らしく作り変える、という人が増えているのです。それは、便利さだけではなく、心の豊かさを求める時代に移り変わっているからでしょう。

今後、DIYはさらに一般的に、そして、幅が広がっていくと考えられています。メディアや本にてDIYの魅力が多く取り上げられている中、専用の塗装料も増え、誰もが手軽に始めることが可能になっています。 さらには、空き家や中古物件をDIYで自分が住みたい家に変えてしまおう、という物件も増え始めています。壁の塗装はもちろん、扉や天井、付属の家具を自分の好みの家に作り上げていくのです。現在、空き家を持っていても、修繕や改装費を出せず、貸すことができないという家主も多く存在しています。そういった物件を借主がDIY費用を負担し、契約をするというものです。貸主と借主双方のニーズが合致すれば、新しい需要喚起にもつながっていきます。今までどうしようもできなかった空き家が、DIYの精神で次々と新しく生まれ変わっていくのです。

Copyright © 2015 塗装はDIYで自ら住み心地良くする|良いしょっとDIY All Rights Reserved.